メニュー 閉じる

マルチメディア・システム(旧称 AV ラック)について

  • 各教室には、マイク / プロジェクタ / PC等に対応する「マルチメディア・システム」を設置しています。
  • 各機器の操作は「オペレーション・パネル」にて行います。
  • 各教室の仕様により、収納ラックの形状および機器の種類が異なります。「 白金 / 横浜 」
    ※課外授業用の貸出鍵(学生用鍵)の注意は、下記参照

名称について (2023年12月より)
 ※今後、下記の名称について、表記を統一していきます。
 当ホームページでは、表記を順次修正していますが、当面は混在しています事ご了承ください。

  新(総称)   旧(形状の名称)
マルチメディア・システムAVラック / 貸出盤 / ミニラック / キャビネット / コンソールデスク
オペレーション・パネル貸出盤 / 操作盤 / 簡易操作盤 / 操作パネル / コントロールパネル

「マルチメディア・システム」のタイプ ※写真は参考

タイプ形状
(画像の教室)
マルチメディア・システムオペレーション・パネル
Aコンソールデスク型

(例:白金 2101)
なしマルチメディア・システムオペレーション・パネル
Bミニラック型

(例:横浜 531)
なしマルチメディア・システムオペレーション・パネル
Cミニラック型

(例:横浜 620)
ありマルチメディア・システムオペレーション・パネル
Dキャビネット型

(例:横浜 650)
なしマルチメディア・システムオペレーション・パネル
Eキャビネット型

(例:白金 1511)
あり

開扉
マルチメディア・システムオペレーション・パネル
※参照「使い方
E-2キャビネット型

(例:白金 1552)
あり
F旧ラック型
外付パネルなし
(例:横浜 421)

▼小窓
ありマルチメディア・システムオペレーション・パネル
G旧ラック型
外付パネルあり

(例:横浜 520)

▼外付
ありオペレーション・パネルオペレーション・パネル

【課外活動用オペレーション・パネル(貸出盤)】について

旧タイプのラック型の場合、学生用鍵は「PCの投影(オペレーション・パネル)のみに制限」されている場合がありますので、鍵を挿入する箇所に注意してください。

F型:小窓タイプ

G型:外付タイプ