メニュー 閉じる

マニュアル(メーリングリスト【Mailman】管理者用)※準備中

  • メーリングリストは、予め登録した複数のメールアドレスに、メールを一斉送信する機能です。
  • 本学では「Mailman」を使用したサービスを行っています。
  • 「投稿制限」の設定により、会員からの投稿を制御することができます。
  • メーリングリストの作成は、管理者からの申請が必要です。
  • 管理者は、本学の教職員(非常勤含む)のみです。
No.タイトル項目
【1】申請申請方法 / メーリングリスト名の条件
【2】接続(1)ログイン / ログアウト
(2)管理者パスワードの変更
【3】設定(1)全体的オプション:全体的な配信ルール、管理方法の設定
(2)プライバシー・オプション:閲覧権限や投稿制限等のルール
【4】会員管理(1)会員の登録(入会)
(2)会員の確認と変更
(3)会員一覧リストの取得
(4)会員の削除(退会)
【5】 総合案内のページ保存書庫 / 会員名簿
【6】FAQ
参考目的別の設定例(1)一方通行(配信)用
(2)双方向(掲示板)用

【1】申請

  1. メーリングリストのアドレスは、「メーリングリスト名@msml.meijigakuin.ac.jp」です。
  2. 任意の「メーリングリスト名」を決めてください。(表①)
  3. 各種申請」ページより申請フォームを送信してください。
(表①)メーリングリスト名に使用できる文字(半角)使用できる文字数
英文字(小文字のみ)、数字
記号(右の3種類のみ):(ハイフン( – )、アンダーバー( _ )、ドット( . )
6文字~15文字

【2】接続 (1)ログイン / ログアウト

  1. 情報センターにて登録処理が完了すると、申請者に「管理情報」が記載されたメールを送信します。
  2. メールに記載された「管理サイトのURL」にアクセスしてください。
  3. メールに記載された「初期パスワード」を入力し【ログイン】をクリック(図①)
  4. 管理ページが開きます(図②)※時間がかかる場合があります。

① ログインの画面

② 管理ページの画面


 ログアウト   

  1. 右下の【ログアウト】をクリック。
    またはブラウザを閉じてください。

【2】接続 (2)管理者パスワードの変更

  • セキュリティ上、初期パスワードは必ず変更してください。
  • パスワードは、MAINパスワードと同期しません。
  • パスワードは、他のパスワードの流用はせず、安全なパスワードを設定してください。
  1. 管理ページの【パスワード】をクリック(図①)
  2. 新しい管理者パスワード」を入力(図②)
  3. 変更を送信する】をクリック

①「管理ページ」の画面

②「パスワード変更」の画面

【3】設定 (1)全体的オプション:全体的な配信ルール、管理方法の設定

【全体的オプション】をクリック

 ※以下は、主要な項目のみ説明します。

A)「メーリングリストの全体的な性格」  

① 管理者(owner)の追加と削除
メーリングリストのパスワードは一つです。複数人で管理する際は、パスワードも共有してください。
TAなどを、権限レベルの低い管理者に指定する場合は、「司会者」に指定してください。
   

② 件名の先頭に付ける語句の指定

配信されるメールの件名に付記される語句です。
このメーリングリストからのメールであることを識別すために利用します。
※設定は下表を参照

 件名の先頭に付ける語句入力欄備考
a(メーリングリスト名)に5桁の連番を付加する(メーリングリスト名 :%05d)デフォルト
b(メーリングリスト名)のみ(メーリングリスト名)
c任意の語句【任意の語句】推奨
d何も付加しない空白

B) 「通知」  

③ 会員の入退会を「管理者」に通知する

リストへの入会、退会の通知が「司会者」に配信される設定になっています。この通知を「管理者」にも送付するかどうかを設定します。


【変更を送信する】をクリック

【3】設定 (2)プライバシー・オプション:権限や手続等のルール

【プライバシー・オプション】をクリック

A)「入会規則」をクリック  

「会員名簿の公開」  

① 会員名簿を閲覧できる人は?

メーリングリスト[Mailman]の「総合案内ページ」にある「会員名簿」の閲覧権限を指定します。

誰でも他のリストの会員でも閲覧できる
リスト会員このリストの会員のみ閲覧できる
リスト管理者のみ会員は閲覧できない 推奨

  

【変更を送信する】をクリック


【プライバシー・オプション】をクリック

B)「送信者フィルタ」をクリック  

「投稿制限の設定」 

① 制限付き会員から投稿があったときの動作
  保留 / 拒否 / 破棄を選択  ※下表を参照

② 「拒否通知」に含める文

【変更を送信する】をクリック

選択肢制限付き会員から投稿があったときの動作備考
保留投稿は保留され、管理者に「承認メール」が送信されるデフォルト
拒否投稿を拒否。送信者に「拒否通知」が送信される
破棄投稿を破棄。何も送信されない

【4】会員管理 (1)会員の登録(入会)

【会員管理】をクリックして、
 【まとめて入会登録】をクリック

① 「チェックボックス」を確認します(表①)

② 登録するメールアドレスを空欄に入力します。
1行に1アドレスを入力します。

※【参照
1行に1アドレスで改行したテキスト形式のファイルをアップロードする事も可能です。

【変更を送信する】をクリック

表① チェックボックスの項目:デフォルト選択肢 1選択肢 2
これらのアドレスをすぐに登録しますか? それとも招待しますか?入会を申し込む
※推奨
招待
新入会員に歓迎メールを出しますか?いいえはい
リスト管理者に新規入会を通知しますか?いいえはい

【4】会員管理 (2)会員の確認と変更

【会員管理】をクリックして、
 【会員リスト】をクリック

① 会員リストの各項目を会員別に設定できます。
該当する項目をチェックします。

【変更を送信する】をクリック

 項目内容デフォルト
退会この会員を退会
会員名表示する会員名を設定
制限この会員からメーリングリストへの投稿を制限 ※FAQ参照
隠れ会員名簿に非表示 ※FAQ参照
配信停止〔理由〕この会員への配信を停止 ※FAQ参照
受領この会員から投稿があった場合、受領通知を返却
控え無この会員から投稿があった場合、対象メールアドレスに控えを送信しない
ダブり無同じメールがこのメールアドレスに複数送信されないようにする
まとめ読み配信メールをまとめて配信する仕組みを有効にする
10平文「まとめ読み」の際、平文(テキスト形式)で添付する
11言語【総合案内】のページの表示言語の設定を変更する日本語

【4】会員管理 (3)会員一覧リストの取得

1. リクエストメールの送信
  ※空メールを送信します。

①「送信先」を入力
②「件名」を入力
③【送信】をクリック

例)メーリングリスト名:joho
  パスワード:Shirokane3710

項目入力する内容
送信先(To)【メーリングリスト名】-request@msml.meijigakuin.ac.jpjoho-request@msml.meijigakuin.ac.jp
件名(Subject) who 【メーリングリスト管理者パスワード】who Shirokane3710
×本文記入しない

2. 会員一覧リストの取得

ファイルが添付されたメールが返信されます。
添付ファイルをダウンロードして一覧を取得します。

【4】会員管理 (4)会員の削除(退会)

【会員管理】をクリックして、
 【まとめて退会処理】をクリック

① 「チェックボックス」を確認します。(表①)

② 削除するメールアドレスを空欄に入力します。
複数のアドレスは、改行して入力
※表示できる件数まで入力可能です。

【変更を送信する】をクリック

表① チェックボックスの項目:デフォルト選択肢 1選択肢 2
退会手続きの確認通知を退会会員宛に送りますか?いいえはい
リスト管理者に通知しますか?いいえはい

【5】総合案内のページ

【リスト総合案内のページ】をクリック

 保存書庫 投稿されたメールを、スレッド、件名、発信者、日付の順に並び替えて閲覧できます。
 会員名簿 閲覧には「管理者パスワード」による認証が必要です。

【6】FAQ

▼Q:添付ファイルの容量制限は?
 A:7MBまでです。

▼Q:制限とは何ですか?
 A:会員からの投稿を制限します。チェックがない会員は、制限なく投稿ができます。
   投稿の制限は、「プライバシー・オプション」の「送信者フィルター」で設定します。

▼Q:隠れ会員とは何ですか?
 A:「隠れ会員」は、メーリングリストの会員ですが、会員名簿に表示されず、他の参加者からは直接識別されないようになっています。外部講演者等を会員にする際などに利用できます。
会員名簿の公開制限は、「プライバシー・オプション」の「会員名簿の公開」で設定します。※非公開を推奨

▼Q:「配送停止」になっていた会員がいますが、なぜですか?
 A:配信されない場合は、「配送停止」がチェックされ、事由が表示されます。

事由コード配信停止の理由
U会員が自分で「配信停止」操作
A管理者が「配信停止」操作
Bシステムが自動的に配信停止(未着エラーが累積)
理由不明

▼Q:会員が自分で「配信停止」にする方法は?
 A:会員が、下記の自分の「会員ページ」にアクセスします。
   ▶URL:http://lists.ドメイン名/mailman/options/メーリングリスト名
   「はい、本当に退会します」にチェックをいれ、【退会】をクリックします。

▼Q:全部の会員を入れ替えて、またこのメーリングリストを使えますか?
 A:会員リストを取得し、会員を全部削除してから、新規の会員を登録してください。
   ただし、件名に付記する通番(プレフィックス)はリセットできません。

▼Q:メーリングリストをやめるときは?
 A:【このメーリングリストを削除する】をクリック

▼Q:その他の質問
 A:公式サイトにて確認してください。


【参考】目的別の設定例:(1)一方通行(配信)用

  • 一方通行(配信)用に使用する際に注意する設定です。
  • 目的:会員からの投稿をブロックする / 書庫や名簿をガードする
分類タイトル項目設定
全体的オプション全体的な性格件名の先頭に付ける語句の指定【●●連絡】など端的な語句
全体的オプション通知会員の入退会を「管理者」に通知するはい
プライバシー・オプション入会規則会員名簿を閲覧できる人は?リスト管理者のみ
プライバシー・オプション送信者フィルタ制限付き会員から投稿があったときの動作破棄
会員管理会員リスト制限
制限以外の項目
チェック(制限する)
デフォルト

【参考】目的別の設定例:(2)双方向(掲示板)用

  • 双方向(掲示板)用に使用する際に注意する設定です。
  • 目的:会員は自由に投稿できる / 書庫や名簿をガードする
分類タイトル項目設定
全体的オプション全体的な性格件名の先頭に付ける語句の指定【●●連絡】など端的な語句
全体的オプション通知会員の入退会を「管理者」に通知するはい
プライバシー・オプション入会規則会員名簿を閲覧できる人は?リスト管理者のみ
プライバシー・オプション送信者フィルタ制限付き会員から投稿があったときの動作保留
会員管理会員リスト制限
制限以外の項目
空欄(制限なし)または「 ✔」
デフォルト